竹馬会のホームページへようこそ!  竹馬会は平成元年、日本ではじめて泥田バレーボールを開催しました。
     
2021年 竹馬会活動日記
                                    福島ひまわり里親プロジェクトin佐知はこちらへ
 
 福島ひまわり里親プロジェクトからひまわりの種が届きました
6月13日(日)に予定しているひまわりの種まき用の種が福島ひまわり里親プロジェクトから届きました。
今年購入した種は5,000粒です。
 ひまわり畑を耕しました
5月8日(土)、今年のひまわり畑の種まきに向けてひまわり畑を耕しました。種まきは6月13日(日)に予定しています。
 河川敷の草刈りと桜の伐採をしました
GW終盤の5月4日(火)に今年最初の河川敷の草刈りを行いました。4月29日のGW初日に予定していましたが、雨や他の行事等の関係で延期、延期でこの日になってしまいました。草刈りの後、懸案事項でありました桜の木を間引くための伐採作業を行いました。植樹から19年、密植になり日が当たらないところが枯れ始めたため10本程伐採しました。
 ひまわり畑を耕しました
3月11日(木)、東日本大震災から10年目のこの日、今年のひまわり畑に向けた畑を耕しました。
 耶馬溪道路開通記念ウォーキングに参加しました
2月20日(土)、中津日田高規格道路耶馬溪道路が28日(日)に開通するのを前にプレイベントそしてウォーキングが行なわれ竹馬会から8名が参加しました。今回開通するのは全長55kmのうち5km、このうち大分県一長い鹿熊トンネル(2,986m)が含まれます。
 どんど焼きを行いました
2月14日(日)、午後からどんど焼きを行ないました。2時30分からの予定でしたが、夕方から雨の予報だったので1時間早めて実施しました。神職のがコロナ撲滅の願いも込めた祝詞の後、どんどに火が入り、約100人の参加者はどんどの火でお餅を焼いて食べて無病息災を祈りました。
 どんど焼き用のお餅をつきました
2月14日(日)、午前中にどんど焼き用の餅つきを行いました。15キロのもち米で5臼の餅をつき、鏡餅1組、紅白もちを搗きました。
午後からのどんど焼きで参加者に配りどんどの火で焼いて食べます。
 佐知自治会が「おおいたうつくし隊」に任命されました
2月13日(土)、佐知自治会の偶数月第2日曜日恒例の道路愛護の清掃活動を行いました。この度、この清掃活動が大分県の「おおいたうつくし隊」に任命され、その報告が自治会長からありました。
 どんどを組立てました
2月7日(日)、一週間後に実施予定のどんど焼きの組み立てを行いました。23人が参加し、手際良い作業で竹切から組立てまで約3時間で終わりました。
 寒波の影響で門松撤去を延期して行いました
連日の寒波の影響で1月9日(土)に予定していた門松の撤去が出来ず、10日(日)に延期しましたが、この日も朝は真っ白の銀世界。
午後からようやく溶け始め撤去することが出来ました。
 記録的な寒波襲来
1月7日午後から10日にかけて記録的な寒波にみまわれ、8日〜10日までの3日間、毎朝の銀世界になりました。
市内2万8千世帯で寒波の凍結による漏水で1週間に亘り給水制限が行なわれ断水が発生する事態となりました。
 
 初詣恒例のカッポ酒の接待は中止しました
新型コロナウイルスの感染拡大に加え、大晦日、元旦に掛けて寒波による悪天候のため毎年恒例の初詣のカッポ酒の接待は中止となりました。